誤発信防止装置S-DRIVE | 福岡市早良区の新車・中古車注文販売・車検・修理・誤発進防止装置S-DRIVE取扱店のNAKANO商会

お問い合わせはこちら

誤発信防止装置S-DRIVE

現在の車社会で、長くクルマに乗っていただくために

現在の車社会で長くクルマに乗って戴く為にも是非お勧めしたい商品です。
誰でも「アクセル」と「ブレーキ」を間違えるとは思いません。しかし、年間でアクセルとブレーキを間違えて起こる事故は年々増加しています。 特に高齢者の方による事故が多く、次は免許取り立ての方となります。
自分では自分を危ないと自覚する人は少ないのが現状です。
自分が間違えると自覚する事は難しい事です。
強制で付いていないなら、

周囲の人が付けてやる。 ご家族が勧める。
当社でも自分で誤発進防止装置を付けたいと言ってくる人はいません。
間違えると解っている人は逆に注意をしているので、間違える事は「少ない」です。しかし、この「少ない」が命取りとなります。

一回の踏み違い事故が一生を台無しにする事故につながります。
踏み違いにより人身事故を起こすと取り返しの出来ない事を起こす可能性があります。

アクセルとブレーキを間違える事で、車は危険な道具に変わる。
今後の日本は高齢者の運転が多く成って行きます。
長く、楽しく、快適にマイカーを運転する為にも是非誤発進防止取り付けをお奨めします。

特許取得の誤発進防止装置S-DRIVE

(株)サン自動車工業

認定店ですので、お気軽にご相談ください。

駐車時や切り返し時におけるアクセルペダルの誤操作(低速時の急踏み・ベタ踏み)に対して、 アクセルのセンサーを制御し、誤踏みによる急発進を抑止いたします。

アクセルとブレーキの踏み間違いを瞬時に察知し、大事故を未然に防ぐ【安心・安全】製品です。

●作動:停車時から0~8km/hまで、または、巡航時から停車する際における16~0km/hの範囲で誤踏み(急なアクセルの踏み込みや、ベタ踏み)した際に、セーフティーモードが作動し、エンジンがアイドリング状態(ワイヤー車は”エンジンストップ”)になります。
●音での効果:システム作動時、本体から警告音が発音、聴覚への警告も行ないます。
●目での効果:システム作動時本体が赤く点滅し、視覚的警告も行ないます。
●復帰:作動後、停車にて自動解除となります。
●学習機能:人それぞれペダルの踏み方は千差満別です。本製品は学習機能を持っており、高精度に作動します。

S-DRIVE基本操作

NAKANO商会は誤発進防止装置「S-DRIVE」の
認定取扱店です。

ラインナップ

普通車・輸入車タイプ

電子スロットル車 専用タイプ
「電子スロットル車」とはアクセル開度のコントロールをコンピュータが行う車両のことです。
ワイヤー車 専用タイプ
「ワイヤー車」とはアクセル開度のコントロールをワイヤーによって行う車両のことです。

軽自動車タイプ

電子スロットル車 軽自動車専用タイプ
「電子スロットル車」とはアクセル開度のコントロールをコンピュータが行う車両のことです。
ワイヤー車 軽自動車専用タイプ
「ワイヤー車」とはアクセル開度のコントロールをワイヤーによって行う車両のことです。

▲TOP